ディストリビューターと独占販売権

バナー

ディストリビューターと独占販売権

ディストリビューターは日本のメーカーから商品を購入します。

そして商品を一度自分の所有物にして、その商品を実際に使うことになる、お客様にもう一度販売します。

お客様は商品により、一般的な個人である場合もあれば、法人である場合もあります。

ディストリビューターについて知りたいならこのサイトです。

日本のメーカーは、商品をディストリビューターに売却して、その商品の代金を受け取ったときに、取引が終わります。


そのため売却した商品が結果的に、どんなお客様にいくらで販売したかという情報は日本のメーカーに入ることがありません。

もし、何かの機会でディストリビューターが海外のお客様に販売した代金が日本のメーカーが売却した代金より何倍も高かったことが判明したとしても、その代金に対して日本のメーカーは非難したり、利益を一部回収させてもらうようなことはできません。

しかし、日本のメーカーにとっては在庫を抱えずに早く売却できるメリットもあります。
また、ディストリビューターには独占型と非独占型があります。


独占型は日本のメーカーが販売する地域の独占販売権を与えられていて、非独占型は日本のメーカーが販売する地域の独占販売権を与えられいません。



ディストリビューターは、ほとんどの場合において、販売する地域での営業活動が実を結びやすくするために独占販売権を日本のメーカーに要求します。しかし、大国で独占販売権を与えて長い期間商品の販売を任せていると、販売努力を怠る可能性があるため注意する必要があります。

ガジェット通信についての情報を提供しています。

Copyright (C) 2016 ディストリビューターと独占販売権 All Rights Reserved.